整骨院・接骨院の先生方へ

事業承継

福岡で整骨院、接骨院等の治療院を開業されている先生方へのご案内です。

事業承継とは、現在経営している整骨院等の治療院を、ご子息などの親族やお知り合いの先生、または第三者へ売却などで承継させることをいいます。また、第三者に売却する場合は、M&Aという手法を用いることになります。(逆に規模拡大のために治療院を買い取るという選択肢もあります。)

整骨院、接骨院などの治療院の経営にあたっては、店舗施設、治療機器が必要となるほか、顧客基盤、従業員、ノウハウなど、先生方が長年培われてきたものを承継させることになります。

したがって、整骨院、接骨院の事業承継にあたっては、慎重に実行していくことが必要となります。

 

個人と法人の事業承継

個人の治療院を事業承継する場合には、例えば、店舗のある土地、建物、治療機器等の資産の承継・譲渡等が必要となってきます。また、もし借入金や未払金等の負債があれば、それらもあわせて引継ぎしていくことが必要となってきます。

一方、法人形態で事業を行っていた場合には、株式の譲渡などで対応することになります。ただし、いくらで株式を譲渡すればよいか、十分な検討が必要となってきます。

 

事業承継やM&Aをサポート

宮川公認会計士・税理士事務所では、下記の治療院の経営者向けに、通常の税理士顧問サービスとともに、事業承継、M&Aのご支援も実施しています。

  • 整骨院
  • 接骨院
  • カイロプラクティック院
  • リラクゼーションサロン
  • 鍼灸院、マッサージ院
  • スポーツジム、パーソナルトレーニング

お気軽にご相談ください。

 

宮川公認会計士・税理士事務所